小松市の歴史と伝統を体験するコース

250年にわたって伝統芸能「曳山子供歌舞伎」が受け継がれる小松は、歴史と伝統が息づく「歌舞伎のまち」。歌舞伎十八番「勧進帳」の舞台となった安宅は、藩政期には北前船の寄港地として栄えた地でもある。今でも古い町並みが残り、歴史的にも多く見所がある。

Duration:
Cost:
Transportation:

SPOT01

こまつ曳山交流館みよっさ

毎年5月に開催される「お旅まつり」。そこで使用される絢爛豪華な曳山の迫力ある姿を、こちらでは間近に見ることができます。また歌舞伎風メイクや衣装、和楽器などに触れる体験メニューも揃っています。入館無料

詳細を見る

オフィシャルサイト(日本語のみ)

国道360号線経由 17分

国道360号線経由 11分

SPOT02

安宅住吉神社

「安宅の住吉さん」として親しまれ、古くから北陸道往来の人々が必ず詣でた古社。義経と弁慶一行伝承から難関突破の守護神となっており、会社経営、各種受験、スポーツ競技などで毎日多くの人が参拝に訪れています。勧進帳の場面を描いた押絵や錦絵などもあり、巫女さんによる説明も人気です。入場無料

詳細を見る

オフィシャルサイト(日本語のみ)

国道360号線経由 30分

国道360号線経由 14分

SPOT03

加越酒造

奥ゆかしく繊細な酒を醸す酒蔵「加越酒造」は、江戸末期の創業以来、繊細な造りの酒蔵として知られている。「加賀ノ月」シリーズが人気ですが、おすすめは「酒峰加越 黒ノ滴」。奥ゆかしい味と香りの逸品です。所要時間30分ほどで酒造りの見学も可能(要予約)。

詳細を見る

オフィシャルサイト(日本語のみ)

県道11号線 経由 23分

県道11号線 経由 12分

SPOT04

粟津温泉 総湯

1300年の歴史を誇る北陸最古の温泉「粟津温泉」中心部にある総湯。お湯は無色透明で肌になめらかで、立ち寄り湯として県内外の人からも親しまれています。和風造りで浴室も大浴槽が一つというシンプルさ。泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性-弱アルカリ性-高温泉)。特製の温泉卵も人気です。料金 大人420円

詳細を見る

オフィシャルサイト(日本語のみ)