錦窯展示館

昭和初期の木造建築を改修した錦窯展示場館は、古き小松の街並みが残る大文字町の一角に位置します。人間国宝の三代徳田八十吉氏の生家であり、初代から三代までが九谷焼の上絵付にいそしんだ陶房でもあります。展示場館では、初代の遺品や上絵付の道具など貴重な資料を見ることができます。

詳細を見る

オフィシャルサイト(日本語のみ)

POINT

建築当時の蔵を改修した展示コーナーをはじめ、和洋が溶け込む閑静なたたずまいの中で、上絵付けの窯である錦窯や、古九谷を始めとする九谷焼の名品、初代から4代にわたる徳田八十吉氏の作品など九谷焼の色々な魅力を感じることができます。

その他