那谷寺

那谷寺は717年に、泰澄大師により霊峰白山に対する信仰の寺院として開創されました。境内には、太古の海底噴火の跡が、長い年月の間風や波にさらされることによって、不思議な形をした岩が多数並ぶ「奇岩遊仙境」のほか、貴重な建物である本堂・書院・三重塔・護摩堂・鐘楼など、5つの国指定重要文化財と2つの国指定名勝があります。

詳細を見る

オフィシャルサイト(日・英・繁体字・仏)

POINT

奇岩遊仙境は色鮮やかな鳥居や木々と組み合わさり、独特の美しい景観を作り出して、絶好の撮影ポイントです。また本殿には「いわや胎内くぐり」があり、洞窟のようないわやをくぐることで、罪を洗い流し、再び母の胎内より新しい自分に生まれ変わると言われています。

その他